【2024new どんな車でも10万円買取】してもらえる?古いボロ車の売却計画!

このページにはPRリンクが含まれています

「どんな車でも10万円買取」とは、ある買取業者がどんな車でも最低10万円で買取るサービスのことを指します。しかし、これはすべての車に適用されるわけではありません。

「どんな車でも買い取ります」という車買取店の広告は本当なのでしょうか?車買取店では年式が古い、故障している、車検が切れているなどの理由から査定を受けても0円査定になることも珍しくはありません。せっかく買取店に持ち込みをして値段が付かないとガッカリしますよね。逆に廃車にするのも手数料がかかってしまうから無料で引き取りますよ?と言われてしまうと価値がないなら「お願いします」となってしまうケースもあります。

では、どんな車でも10万円買取できるのか?また、無理だとしてもせめて0円以上、1万円、3万円、5万円買取してもらうことは可能なのか?について調べて見ました。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

車を売りたい人必見!一括査定で価格比較!愛車の価値を調べる

どんな車でも10万円買取

車の買取価格は、車の種類や年式、走行距離、車の状態、需要や流行などの市場要因、買取業者の利益などによって決まります。例えば、人気の高い車種やグレード、新しい車や走行距離の少ない車、整備がしっかりされた車などは、買取価格が高くなる傾向があります。逆に、古くて消耗が激しい車や、事故を起こしたことがある車などは、買取価格が低くなる可能性が高いです。

車の最低価値については、一般的には、軽自動車で2万円以上、普通車で4万円以上が目安とされています。しかし、これは車の部品を回収し、廃車手続きを行う場合にかかる費用を差し引いた場合の価値であり、買取業者が車を引き取り、販売する場合には、業者の人件費や引き取りの運搬にかかる費用、買取業者の利益なども加味され、買取価格は一般的に3万円以上になります。

一般的に、車の買取価格を上げるためには、以下のようなことが考慮されます。

車の状態を良くする:車を綺麗に洗車し、内装やエンジンルームを清潔に保つことで、買取価格が上がる可能性があります。また、車に問題がある場合は、事前に修理や整備を行っておくことで、買取価格を上げることができます。
複数の業者に査定を依頼する:複数の買取業者に査定を依頼することで、買取価格を比較し、より高い価格で車を売却することができます。
需要が高い時期に売却する:車の需要が高まる春や秋に売却すると、買取価格が上がることがあります。また、新型車が発表される前に売却すると、古いモデルの買取価格が下がる前に売却できる可能性があります。
付加価値また、車の買取価格には需要や市場動向、時期などの要因も大きく影響します。例えば、軽自動車の需要が高い時期や、ある車種が人気がある時期には、買取価格が上昇する傾向があります。逆に、需要が低い時期や、特定の車種に類似した車が多数出回っている場合には、買取価格が下落することもあります。

車の買取業者によっても、買取価格が異なります。そのため、複数の業者に査定してもらい、比較することが大切です。一括査定サイトを利用することで、複数の業者から一度に査定額を取得することができますが、業者によっては、一括査定サイトの提示価格よりも低い査定額を提示する場合があるため、注意が必要です。業者によっては、車の状態に合わせた専門知識や技術力が必要な場合があるため、車の状態に詳しい業者に査定してもらうことも大切です。

車の売却にあたっては、自動車税や自賠責保険などの諸費用の精算や、車検証や自賠責保険証などの書類の手続きも必要です。また、売却後には自動車の名義変更手続きが必要になるため、手続きについても確認しておくことが重要です。

最後に、車を売却する際には、業者の評判や口コミ、サービス内容などをよく調べることも大切です。信頼性の高い業者を選ぶことで、スムーズな取引が行えるだけでなく、買取価格も適正に設定される可能性が高まります。

車を10万円で売却するための準備

車を10万円で売却するための準備として、まずは車の買取業者を探すことが重要です。次に、自動車の買取業者を比較して、最適な買取業者を選びましょう。10万円台の車の買取価格の相場を確認することも重要です。そして、専門業者へ売却するメリットも見極める必要があります。

どんな車でも一律10万円買取なんてある?

実際に一律10万円で車を買取する業者はありますが、10万円台の車を買取業者が買取できないケースもあります。また、ワゴンなどの大型車に関しても、買取業者が買取をするかどうかは業者によって異なる場合もあります。

ディーラーで売るよりも買取業者へ売却の方が得する場合は?

買取業者への車売却では、ディーラーへの車売却よりも手続きが簡単です。しかも、売却後に車の引取も業者が行ってくれるため、手間がかかりません。また、車を10万円で売りたいときの利点・メリットとして、時間の節約が可能な場合もあります。

車の買取業者を選ぶ上で注意したいこと

車の買取業者の選び方としては、まず実績のある業者を比較して、最適なものを選ぶようにしましょう。次に、買取業者の検証の仕方を教えられたり、見積もりなどを受けてみるなどして、どのような感じでお取引を行うかを確認しましょう。そして、詐欺の被害を防ぐために、気をつけたい点なども調べておきましょう。

車の買取業者を選ぶ際には、まず最優先に信用度を確認することが重要です。そして、買取業者に対応してもらうためには、買取業者が買取を実施してくれるかどうかを確認する必要があります。次に、売却する車の状態をきちんと把握する必要があります。使用感のある車の場合や部品の交換などを行った場合は、細かい詳細を記入する必要がある可能性があるので、備えておくようにしましょう。

売却手続きの実施について

車の売却手続きの実施にあたっては、まず車の引取を行う業者を比較しましょう。車の引取にかかる費用も調べておきましょう。次に、車の売却を行う業者を見つけるため、実績のある買取業者のおすすめや、安全な買取業者を確かめておきましょう。また、今後の車の売却に際しては、車の売却の前に考えることや気をつける事項を確認しておきましょう。

車を買取業者へ売却する際のポイント

車を買取業者へ売却する際のポイントとして、まず車の詳細な情報を理解する必要があります。車の番号、モデル、年式などを把握しておきましょう。そして、車に保管している証明書なども確認しておきましょう。車を売却する場合、買取業者が買取価格を決める際に、車の状態などを確認する場合もありますので、きちんと確認しておきましょう。

車を売却する際の最終的なチェックポイント

車を売却する際には、最終的なチェックポイントを行うことが重要です。まず、買取業者に実績があるかどうかを確認しましょう。次に、車を買取業者へ売却する際には、お金を振り込む前に、正確な買取価格が確定しているかを見直しましょう。最後に、車の売却後に気をつけるべき点なども重要です。売却後の車の消滅などを防ぐため、買取業者へ買取証明書が提出されているかを確認しましょう。

どんな車でも買取してもらえる?1万円、3万円、5万円、10万円以上になる可能性を考える

すべての車両は買取できないかもしれません。買取に対応している車種や条件は買取業者によって異なりますが、一般的には以下のような車両に対応することが多いです。

最近の車種
良好な状態の車両
低走行距離の車両
輸入車
ブランド車
買取に対応していない車種や状態の悪い車両、高走行距離の車両などは買取できないことがあります。

10万円以上で車両を買取してもらうためには、以下のようなポイントを意識することが重要です。

車種: 人気のあるブランドや車種、グレード、オプションなどが高く評価されます。

年式: 車両の製造年が新しいほど高く評価されます。

走行距離: 車両の走行距離が短いほど高く評価されます。

状態: 車両の外観や内装、メンテナンス状況、整備歴などが考慮されます。車両に痛みや損傷がないほど高く評価されます。

保管状況: 車両がガレージや屋根付き駐車場などで保管されていると高く評価されます。

これらのポイントを意識して、車両を維持・保管することが大切です。また、複数の買取業者に査定を依頼して、最も高い買取価格を見つけることも有効です。

どんな車でも10万円買取はムリ?

車の最低価値はリサイクル料金や税金還付、資源としての価値、パーツ回収などの要素によって決まりますが、一般的には3万円程度が車の最低価値となることが多いと考えられます。

リサイクル過程での資源回収価値や税金や保険の還付などは車の買取価値に寄与するものです。また、パーツ回収や車検残も車の買取価値に影響します。さらに、整備や車販売前後の利益などの要素もありますので、車の買取価値は多層面から見て算出する必要があります。

このような要素を踏まえ、3万円~5万円以上の最低価値があるということも考えられます。ただし、具体的な車の買取価値は業者によって異なることもありますので、詳細な見積もりは業者に問い合わせた方が良いです。

また、車の種類や状態などによってはこの価値が高くなることもありますので、それぞれの車に対して正確な見積もりをすることが大切です。

もしも、車買取店が3万円~5万円で買取したとしたら30%程の手数料や利益は9,000円~15,000円程度と考えられます。メンテナンスの手間や販売ルートを考えると車買取業者はできるだけ0円査定、無料で引き取りたいと考えているはずです。

そのため、どんな車でもというような状態の車を近くの中古車販売店に持ち込みをしたとしたら、結果は無料引き取りになる可能性が高いです。

10万円買取は無理だとしても廃車にするくらいなら最低でも1万円では買取を目指したいところです。

どんな車でも10万円買取してもらえるケース

どんな車でも10万円で買取してもらえるケースを考えました。すべての車にはあてはまりませんが、年式の古い車でも価値のあるパーツの場合には10万円以上で買取してもらえるケースがあります。

希少価値の高いレアメタルのパラジウムが多く使われている触媒コンバーターは価値があり10万円以上で買取されるケースがあります。

パラジウムの価格相場はプラチナよりも高く、一時は金よりも価格が高騰していました。そのため、パラジウムが多く使用されているパーツには価値があり、高値で取引されています。

・ホンダ オデッセイ RA8/9(酸素センサー有 印字:AYW)

・スバル インプレッサ:型式(GG2/GG3)

・スバル レガシー:型式BP系(印字:Y2 一体型)BP系(印字:Y1 一体型)

・トヨタ 20プリウス後期:型式(刻印:GD3・EA6一体型)

・トヨタ マジェスタ フロント:型式UCF30(2個セット)

・レクサス LS460(刻印:38030・30820 2個)

・レクサス LS600h(刻印:L38050・R38050 2個)

・マツダ RX-8:型式SE3P(刻印:N3H1)

・日産:ノート:型式(刻印:ED04/05/06/07/08/09)

これらの車種の触媒などのパーツにレアメタルが多く使用されており、パーツ買取だけでも10万円程で買取しれもらえるので覚えておくと損しません。

意外と古い車種の方がパラジウムなど高価な素材が使用されているため、「車が古いから0円査定」無料で引き取られないように注意しておきましょう。

どんな車でも最低買取価格は1万円?3万円~5万円は目指したい!

車を売る際には最低限の価値を知っておくことが大切です。普通車ならば3万円以上、軽自動車ならば2万円以上が最低価値とされています。

また、リサイクル料金や自動車税還付分1万円~2万円を考慮すると買取価格3万円~5万円程は目指したいところです。できるだけ高い価格で車を売るためには各種の情報を活用して、相見積もりを取り、高く売ることができる業者を探すことが大切です。

ではどうすれば買取価格を高くすることができるのか?

それは、複数社の車買取業者に査定を依頼することです。車の買取店によって得意とする車種や車の状態は異なります。様々な営業形態の買取店に査定を依頼することで、比較することができるのと買取店同士で価格競争が起きやすく愛車の価値を最大限に引き出せます。

「中古車一括査定サービス」>>ナビクル車査定では一回の申し込みで複数社に査定が依頼できるので便利に活用できます。車買取業者は業界健全化を目的とした団体「JPUC」の媒介事業者であり「JADRI」に加盟する全国の中古車買取事業者と提携しており、信頼性の高いサービスです。

愛車を高く売りたいのであれば利用を検討されてください。

また、廃車になるようなどんな車でも買取してもらえるのは、廃車費用は全て無料で、車種や状態によっては高価買取価格がつく場合もある「どんな車でも0円以上で買取」>>廃車買取カーネクストをご利用ください。レッカー引き取り代無料、廃車手続き代行無料で、故障車・事故車・車検切れ・古い車などどんな車でも原則0円以上で買取してもらえるサービスです。まずは査定依頼からされてくださいね。

まとめ

どんな車でもまずは買取店に査定を依頼しましょう。

廃車よりも買取が有利です。理由としてはリサイクル料金の還付があるためです。リサイクル料金は車を廃棄処分するときに事前に前払いをするために設けられた費用なので、買取する場合には返ってきます。買取の場合にはリサイクル料金の還付があることを覚えておいてくださいね。

また、買取査定で希望通り10万円の査定額が付いた場合にはこれで良しとするのか?それは一社だけの査定ならもう少し考えた方がいいかもしれません。

まずは、中古車情報サイトで自分の愛車と同じ車種、年式、グレード、走行距離、修復歴のありなし、ボディーカラーを入力して検索してみて下さい。

もしも50万円程で売られているとしたら、車買取査定相場は20~30%程の手数料や利益を考えると

35万円~40万円が買取相場と予想することができます。

一見価値がなさそうな車だとしても中古車として売られていたりします。

車の一括査定に申し込み、車の詳細を入力するとスグに概算価格を教えてくれるので利用してみてください。

税金の還付も考慮すると、せめて1万円前後の査定額を期待したいですね。買取価格を交渉する場合は、査定を複数社に依頼して比較してみてください。

買取査定の気になるポイントまとめ

廃車より、買取が有利?

まず、なぜ廃車よりも買取の方が有利かというと、車を廃棄処分する場合にはリサイクル料金がかかります。このリサイクル料金は、車を製造する際に使用された資源を再利用するための費用として、事前に前払いされているものです。

しかし、車を売却する場合には、売却先がリサイクル料金を支払っているため、その分が売却価格に含まれることになります。つまり、廃車にするよりも買取した方が、リサイクル料金が還付される分だけ経済的に有利になるわけです。

古い車で10万円査定目指せる?

次に、車の査定額についてですが、車の価値は車種や年式、走行距離、外装や内装の状態などによって異なります。したがって、10万円の査定額が安いのかどうかは、その車の実際の価値によって判断する必要があります。

ただし、車が古くて状態が悪く、査定が付かないような車であれば、10万円の査定額は高いと言えます。逆に、査定が付く程度の車であっても、その車種や状態によっては10万円の査定額が適正な場合もあります。ですから、車の価値を知らない場合は、複数の業者に査定を依頼し、その平均値を参考にすると良いでしょう。

車買取最低保証は?

最後に、車買取の最低保証額についてですが、業者や車種によって異なります。一般的には、有料引き取りは避け、少なくとも1万円前後の査定額を最低保証として欲しいところです。ただし、車の状態や需要によっては、最低保証額が低くなる場合もあります。そのため、査定額交渉をする際には、相手の立場にも目を向けつつ、自分が納得できる価格を目指すと良いでしょう。

不動車とは何ですか?

「不動車」とは、簡潔に言えば、自力で走行できない状態にある車のことを指します。一般的に、車の故障や事故などによって走行が不可能な状態に陥った場合に、「不動車」という用語が使われます。この状態の車には適切な対処が必要であり、修理するか廃車にするかの判断が求められます。ただそのまま放置することは避けるべきです。

ページ上部へ戻る